So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【税金】滞納処分は虎より怖い? [債務]

学生時代の確か古文の授業の中で「孔子」についての話。

孔子がまだ仕官できずに、弟子をつれて諸国を放浪していた頃、山間部を歩いていた。

ある弟子が「ここは人食い虎が出ると噂がありますので、早く通り過ぎましょう」と師匠に進言しました。
急ぐ孔子一向でしたが、道すがら民家が見えてきました。そろそろ周囲も暗くなってきたので、その民家へ一夜の宿を借りることにしました。

民家の主人家族は快く彼らを迎え入れてくれて、夕食も和やかなうちに済ませました。
話を聞けば、この民家の一家は都市から数年前にここへ移り住んできたといいます。
そこで、孔子先生ふと疑問が浮かんだので、かの主人に聞いて見た。
「ここは人食い虎が出るというではありませんか。なぜあなたはこんな物騒な山の中へ引っ越したんですか?」

そこで主人は答えました。
「町では重い税が課されます。その徴収といったら苛烈そのものでございました。そこでそれを逃れるために、ここへ移ったのですよ」。

孔子は思いました。「なんと人にとって税とは、虎よりも恐ろしいものなのか」と。

この話を思い起こしたのは、あるサイトで次のような質問があったからです。

(以下引用)
私の娘の平成16年度の住民税が未払いとなっており、何度か督促を受け、電話にて分割払いを希望したところ、「分割の支払書」を送るとの返事を受けました。その後も支払書が届かないので、そのままにしておいたところ、ある日突然、個人の口座からいきなり「差し押さえ」とのことで引き落とされました。

 この件を役所に問い合わせて結果、

1.督促を何度か行っているので、差し押さえは問題ない。
2.分割の支払書が届かなかったのに、何の連絡もしなかったのが悪い。
3.個人の口座を差し押さえるのは、法律上問題ない。

との回答でした。

 住民税を支払わなかったこちらにも落ち度はありますが、勝手に個人の預金口座を調査し、何の連絡もなく預金を差し押さえるなんて納得がいきません。このようなことは許されるのでしょうか?

(50代:男性)


 もし、いまあなたが固定資産税なり、市民税なりを滞納していて役所から督促を受け始めているのなら注意してください。

 地方税である住民税が滞納された場合の手続については、地方税法329条以下に規定が置かれています。
これによると
(1) 納付期限後20日以内に督促状を発し(329条1項)
(2) 督促状を発した日から10日以内に税金を納付しない場合には、滞納者の財産を差し押さえることができます(331条)。
差し押さえられた財産は換価され、税金の納付に充てられます。これらの一連の手続を滞納処分といいます。

 また、徴収職員は、滞納処分のために滞納者の財産を調査する必要があるときは、その必要と認められる範囲内において、滞納者や滞納者の債務者(預金がある金融機関はこれにあたります)などに質問をし、帳簿または書類を検査し、さらに捜索を行うこともできます(地方税法331条6項による国税徴収法141条以下の準用)。

 これらの差し押さえや質問・検査については、法律の規定に基づいて行われ、裁判所の関与を必要としません。このため、差し押さえの前に裁判所から連絡がくるということもありません。

 たしか、この辺は「議会の承認」を経て行うということになっていたはずです。いわゆる「民主主義」のルールの則っているという理屈になるので裁判所の関与は不要ということになるのでしょう。


市町村によっては、督促状のほかに「催告書」や「来庁要請書」、「差押の予告」といった文書を差し押さえの前に送付することもありますが、これらは各市町村が自主的な税金の納付を求めるために送付するものであって、これらを送付しなかったからといって手続に反するというものではありません。

 ただし、地方税の納付が困難な場合には、地方公共団体の長は、納税者の申請に基づき、納付の猶予や分割による納付を認めることができるとされています(地方税法15条)。また、滞納者に財産がない場合や滞納処分が執行されることによって、滞納者の生活が著しく窮迫する場合には、滞納処分の停止をすることもできます(地方税法15条の7第1項)。さらに、執行の停止が3年間継続すると、納税義務が消滅します(同条4項)。

 質問のケースでは、分割の支払書が届かなかったという事情はあるものの、納付の猶予は本来納税者から申請しなければならないものですから、自治体の担当者が支払書を送らずに滞納処分をしたとしても、処分そのものが不当とまではいえないと思われます。

 一般的な借金も税金も同じ債務であることには変わりません。
 しかし、取り立てのルールが違うので、一般人は戸惑うところでしょう。
 
 税金の場合は、ある程度の予告があるとは言え、ある日突然「預金が消える」といった印象になります。
 そして、現実には消えてお終いとはなりません。
 それは取り立てを受けた債務者の信用情報が棄損され、いままで持っていたクレジットカードが強制解除されたり、新たな借り入れができなくなってしまうという影響がでてくるためです。

 それで、その後最低でも5年くらいはかなりの不便を抱えてしまうことになるでしょう。
 そう考えるのなら、差し押さえられてしまう程度の預金のある方は、さっさと支払ってしまった方が得策だとは考えられます。

 いまの徴税は最初から孔子の時代の「人食い虎」以上には怖くはないのです。
 言い訳さえあれば、分割や延納にも応じてくれます。
 ただし、本性はそのままですので、ほっておくと、やはり「虎」並みに表情をかえて喰いついてくるので、ご用心くださいね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

川崎市で遺言相続なら行政書士工藤幸弘事務所 大阪市で過払い金請求なら高橋修法律事務所

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。